エコジェネ・ストーリー

オーストラリア、東海岸中部に位置する美しいビーチタウン。

大都会東京からこの小さな町に移住したことが全ての始まりでした。

自然を肌で感じることのできるこの町に住む人々の環境への意識は高く、私の友人もその一人。

Beautiful beach of Sawtell, Australia

ある日、海岸から自宅に向かって友人と散歩中に道に落ちていたレジ袋。

「こうやってプラスチックが海に溜まっていくのよね」

とゴミを拾いあげた友人。

そして同じ行動を取れずに恥ずかしさを感じた自分。



having a walk on beautiful beach of Australia

「なぜゴミを拾わなかったのか?」

自分が落としていないから責任がないから。

周りの人に見られて恥ずかしいから。

自分の敷地内にではないから関係ないから。

他の人が拾えばいいから。

次の角にはまた落ちてるだろうし、ひとつ拾っても意味がないから。


では、なぜ恥ずかしさを感じたのか?

正しいことが何かわかっているのにその行動を取らなかったから。


そして気づいたのは、環境と自分の間に無関心という線を引いていたのは自分なんだということ。恥ずかしさを感じたことがこの無関心を取り除くきっかけとなり、結果残されたのは自分は環境の一部なんだという気付き。


この気付きを得てからは、居てもたってもいられなくなり、自分にとってできる環境に優しいことってなんだろうと、日々の模索がスタートしました。

環境に関して興味がわき、インターネットや本で情報を得たり、プラスチック汚染に関する映画やドキュメンタリーを観ました。TEDで知ったベア・ジョンソンの『Zero Waste Home』の本にインスピレーションを受け、自分と家族が生活に取り入れられるエコをスタートしました。

プラスチックラップを使わない、代わりにビーズワックスラップを作り、使い始めました。プロデュースバッグやリップクリームや歯磨きなどを手作りできるものは作って使うようになりました。そうすることで使い捨てプラスチックの消費を減らし、また生ゴミは堆肥として土に還すようになり環境に優しい生活を家族あげて心掛けるようになりました。一夜にして変わることではありませんが、生活スタイルとしてこれからもずっと続けていきます。


私たちは年間3億トン以上のプラスチック製品を製造、その半分は使い捨てプラスチックだそうす。一回きりの使用でゴミ箱へポイ。プラスチックは土に還るまで数百年もの年月が必要と言われています。私たちの目の前からは消えても、なくなってはいません。地球のどこかには残っています。個々が環境への意識を上げる。そうすることで、個々の行動が変わりはじめる。正しい選択をしていくことができれば子供たちに残したいと思える地球の未来を手に入れることができると私は信じています。



全部はできないけれど、何かはできるはず。


毎日繰り返し使える環境に優しい商品を提供していくことで、みなさんの新しい行動をサポートしていきたい。そんな希望からecogeneはスタートしました。毎年世界中で1億5000万トンを超える使い捨てプラスチックが生産されているため、プラスチックへの依存を減らす必要性はかつてないほど重要になっています。


私が友人からインスピレーションを受けたようにecogeneがあなたのライフスタイルチェンジのきっかけとなれば幸いです。



Make an achievable sustainable change for our future


ecogene 創設者

ナイト美帆